味岡淳二液晶関連商品の商品開発、商品設計、生産技術、製造技術、技術開発、システム開発などモノづくりの現場で各種プロジェクトを推進。
その後、2003年より研究開発マーケティングに専念し、新規事業化推進を行い、2008年~2009年にわたり、New YorkにてBiz. R&Dの活動を展開。
現在、新規事業をサポート・コンサルティングとして開業。  さらに詳しく
著作紹介

ゼロから成功を引き寄せるMVPマネージメント [Kindle版]

Amazonにて私の最新刊がご購入いただけます。

アーカイブ

極々単純なこと、なのに、、、?

福祉は無視できない政策でありますが、その財源の確保がが課題となっています。

その財源を確保するためには、税収を増やす必要があります。

税収を増やすには、増税ではなく、経済成長を促進し、GDPを上げる事が必須です。

安定的な経済成長を可能にする条件として落とせないことは、その地域や国家の治安が安定していることです。

地域・国家の治安の安定の為には、国防をおろそかにはできないということです。

 

即ち、

国防を無視した経済成長は砂上の楼閣であり、

経済成長を無視した福祉は破綻の空手形であり、

更に、国防を無視した福祉だけの議論は偽善そのものです。

 

極々、単純なことです。

 

集団的自衛権、特定機密保護法、いずれも、必要なものです。

自由の国を創り守るために!

2013年政策

長野県から生涯現役社会モデルを!

※クリックで拡大します。

私は、日本一の長寿県、長野から「生涯現役社会」を創ります。

私たちの老後は、「何をしてもらうか」ではなく、豊富な人生経験を活かし、「何を日本や世界に提供できるか」で光り輝かせることができます。「生涯現役」。輝くのは「今でしょ!」。