味岡淳二液晶関連商品の商品開発、商品設計、生産技術、製造技術、技術開発、システム開発などモノづくりの現場で各種プロジェクトを推進。
その後、2003年より研究開発マーケティングに専念し、新規事業化推進を行い、2008年~2009年にわたり、New YorkにてBiz. R&Dの活動を展開。
現在、新規事業をサポート・コンサルティングとして開業。  さらに詳しく
著作紹介

ゼロから成功を引き寄せるMVPマネージメント [Kindle版]

Amazonにて私の最新刊がご購入いただけます。

アーカイブ

脱原発の間違いその1

7月13日、菅直人首相が「脱原発」会見を行いましたが、その政策は完全に間違いです。

「電力不足」は菅内閣が引き起こした「人災」であり、「国難」です。

 自然エネルギーは原発の代替にはなりません。

 風力や太陽光などの自然エネルギーは出力が弱く、2009年度の発電に占めるシェアは1%にすぎません。

 また自然エネルギーはコストも高く、原発に代わる基幹エネルギーにはなりえません。

 当然、これら代替エネルギー開発は強力に押し進め、出力やコストの改善を図っていく取り組みは必要です。 しかし、今すぐ約30%の発電量を占める原子力発電の代替えにするにはあまりにも現実を無視した幼稚な発想です。

 http://www.fepc.or.jp/present/jigyou/japan/sw_index_02/index.html

 そして、不足分を火力発電に補おうとすれば、化石燃料に頼ることになり、中東やシーレーンの不安定な情勢から見て、日本のエネルギー供給が危なくなります。またコストも上がります。

 このまま、今の風潮でいけば、定期点検に入った原子炉は再稼働できず、来春には国内の原子力発電54基が全て停止することになります。

 まず、大切なことは、長期的視点と短期的視点の両輪で見て、今打つべき手は何かを冷静に考える事です。

 そして、原子力発電の必要性を安全性も含め、国民に説明し理解を求めるのが責任ある政府の態度です。

 

 

2013年政策

長野県から生涯現役社会モデルを!

※クリックで拡大します。

私は、日本一の長寿県、長野から「生涯現役社会」を創ります。

私たちの老後は、「何をしてもらうか」ではなく、豊富な人生経験を活かし、「何を日本や世界に提供できるか」で光り輝かせることができます。「生涯現役」。輝くのは「今でしょ!」。