味岡淳二液晶関連商品の商品開発、商品設計、生産技術、製造技術、技術開発、システム開発などモノづくりの現場で各種プロジェクトを推進。
その後、2003年より研究開発マーケティングに専念し、新規事業化推進を行い、2008年~2009年にわたり、New YorkにてBiz. R&Dの活動を展開。
現在、新規事業をサポート・コンサルティングとして開業。  さらに詳しく
著作紹介

ゼロから成功を引き寄せるMVPマネージメント [Kindle版]

Amazonにて私の最新刊がご購入いただけます。

アーカイブ

残念! 日本の研究環境の後退の危機 ~小保方女史の処分~

理研は小保方女史を懲戒解雇に相当すると発表し、更に、刑事告訴や研究費の返還請求も検討しているとも回答している。 誠に残念なことであり、危機感さえも覚える。   もし、ここがアメリカであれば、全く違った動きになっていたのではないだろうか? アメリカであれば、逆にSTAP細胞の可能性を探る方向に動くはずである。 同じ、公費を使うのであれば、魔女裁判に使うのではなく、未来の希望の開拓の為に使う方が、より建設的ではないだろうか?   日本の弱点はここにある。 先の大戦で日本が米国に負けた原因でもある。 米国は能力のある者を抜擢するシステムであるのに対し、日本は官僚的封建的システムで可能性のある若者を潰していく。 残念ながら、それは今の日本でも残っている。 特に、学術的な分野において。 それが今回露呈したと言っても過言では無い。 もし、ビルゲイツが日本に生まれていたなら、マイクロソフトはなかった。スティーブジョブスのアップルもしかり、 google、 facebookもしかりである。   誠実性や堅実性、礼儀正しさ、武士道精神など日本人の精神性の高さは世界に誇るものである。 しかし、出る杭は打たれる、成功者を祝福しない、村社会的風土、これが、今日の日本が今一つ発展しきれていない原因(マインド)ではないだろうか? 私たちは、中国や韓国のモラルに低さを指摘する前に、この嫉妬の文化、見えない封建的社会、を改めるべく努める必要がある。 さもなければ、日本は世界から本当に尊敬される国にはならない。   私たちは、知らず知らずに、このような見えない鎖に縛られて、生活している。 この鎖から個人を解放していく中に未来があり、日本が世界のリーダになっていく道がある。 心ある若い研究者や起業家、政治家が「創造の自由」を発揮できる社会にしていくことが、我々先行く者の責任ではないだろうか。 ユートピアの扉を開くために!
2013年政策

長野県から生涯現役社会モデルを!

※クリックで拡大します。

私は、日本一の長寿県、長野から「生涯現役社会」を創ります。

私たちの老後は、「何をしてもらうか」ではなく、豊富な人生経験を活かし、「何を日本や世界に提供できるか」で光り輝かせることができます。「生涯現役」。輝くのは「今でしょ!」。